Special Interview 一人より、ふたり。結婚の幸せを、もっと多くの人に伝えるために 神津理恵子 Rieko Kozu

もっと親身で温かい、世の中にまだない相談所を立ち上げたい

――結婚相談相談所を始めようと思ったきっかけは?
大学卒業後から勤務していたエネルギー商社を早期希望退職をしたのがきっかけです。
それまでは家庭と仕事の両立で忙しかったので、一旦、専業主婦になってみたもののしっくりこない。(笑) やはり働きたいと思い直し、それなら一生のライフラークになるような、そして人の幸せに繋がるようなそんな仕事がしたいと思いました。
――いきなり相談所を立ちあげたのですか?
なにをライフワークにしようかと考えていた時にふと頭をよぎったのが結婚適齢期の後輩たちの言葉だったのです。後輩たちをホームパーティ-にお招きした時に「私も結婚したくなっちゃいました。」と言ってくれたことを思い出し、これだ!と。それまでにも友人の仲を取り持ち、交際から結婚へと繋がった経験もありましたので人のご縁を繋ぐことを一生のライフワークにしたいと思ってのです。後で気が付いたのですが、祖母も仲人を頼まれ、自宅でよくお見合いをしていました。(笑)
――どのようにスタートさせたのですか?
全くの畑違いで、業界のことは何もわかりませんでしたので、知名度の高い大手結婚情報サービス会社でアドバイザーとしてスタートしました。ところが実際は営業そのもので人数を増やすための接客の日々で入会された方のお世話をすることは全くありませんでした。業界のノウハウは身につけましたが、疑問が残りました。そこで、わかったことは『結婚情報サービス会社』と『結婚相談所』の違いです。そして、責任を持ってお世話できる方だけに入会していただき、ご結婚までお世話をしていく『結婚相談所』を作りたいと強く思いました。
――そしていよいよ起業となるわけですね。
大きく背中を押してくれたのは、業界でも圧倒的な成婚率をほこる結婚相談所のカリスマ仲人との出会いです。なんの面識もありませんでしたが、アポイントメントを取らせていただいたことがきっかけでたくさんのサポートとアドバイスをいただき、相談所を立ち上げることができました。現在も懇意にさせていただき、成婚の大きな原動力になっています。

イメージ画像

お客様一人ひとりに寄り添いながら、ベストなご縁を紡ぎたい

――なるほど。では、神津さんが相談所に込めた想いを教えてください
はい。私が最も大切にしているのがカウンセリングです。当相談所では入会を検討されているお客様と必ず直接お会いして、これまでのご経歴や結婚観、お相手へのご要望などをお聞きしています。その過程で私が違うな、おかしいなと思ったことは率直に尋ねますし、当相談所での成婚は難しいと判断すれば入会をお断りすることもあります。やはり独自の審査基準を設けるという事は既存の会員様のためでもありますし、入会を考えている方にとっても無駄な時間とお金を費やさないベストな方法だと思いますから。
――大手とはかなり異なる印象を受けますが
そうですね。大手は入会金や月会費などかなりの初期費用がかかりますが、当相談所は成果報酬というシステムを採用しています。入会していただくことが目的でなく早期の成婚を目的としています。複数の連盟に登録しているので、インターネット検索はもちろんのこと個人的なネットワークでの昔ながらの手作りのマッチングも大切にしています。
――では、ズバリ、神津さんが考える理想の結婚とは?
以前とは違い、最近は結婚相談所へのイメージもかなり変わりました。ひと昔前までは「モテない人が行くところ」だと思われていましたが、今はまったく違います。家柄も容姿も学歴も人並み以上の方があえて相談所に入会され、より多くの出会いを求めている現状です。みなさん、最初は条件面、例えば年収や学歴、職業などを限定されますが、本当に自分に合うお相手というのは条件だけでは量れません。理想を追い続けるのではなく、少しずつ視野を広げることも大切。そうすることで、ご自分を選んでくれるお相手とめぐり会い、それが成婚へとつながるのだと思います。
――ところで、神津さんはカラーアナリストの資格もお持ちとか?
はい、取得しています。相談所の会員様にはカラーアナリストの視点から、ファッションやヘアメイクについてアドバイスすることもありますね。カラーが与える印象って結構大きくて、選んだお洋服の色味やテイストがお二人の今後のストーリーを左右する、なんてこともあるんです。お見合いなのか、パーティーなのか、お相手にどんな印象を与えたいのか、シーンやご要望に応じて、一人ひとりに合った最適なアドバイスを心掛けていますので、ぜひお気軽にご依頼ください。
――では最後に、神津さんから入会を検討されている方にメッセージをお願いします
結婚相談所は敷居が高いと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、恋愛とは違い、客観的な視点でアドバイスを得られるのが相談所のいいところ。入会することで、ご自身の新たな魅力や価値観を見出すことができるかもしれません。自分にあまり自信がないという方も、お友達に紹介してもらう感覚で、カウンセリングに足を運んでみてください。そしてプラチナマリアージュで自分を磨き、より多くの素敵な方と出会いましょう。まったく予期しない出会いが一つのきっかけとなり、運命の結婚へとつながることも多々あります。ほんの少しの勇気があなたの未来を変えるはず。プラチナマリアージュには、あなたを素晴らしい明日へと導く扉がいくつも待っています。

イメージ画像

イメージ画像

編集後記 凛とした大人の雰囲気と、屈託のない笑顔が同居。“頼れるお姉さん”のような親しみやすさが魅力の神津さん

黒の膝丈のフレアスカートからスッと伸びた細い脚、白のジャケットが映える上品な微笑み。取材場所に現れた神津さんは、まるでファッション誌から抜け出たような洗練された大人の雰囲気を漂わせていました。ところがインタビューが始まった途端、クールビューティな佇まいはどこへやら、コロコロとよく笑う親しみやすいキュートな女性に早変わり。冗談を交えつつ、時に真剣な面持ちでご自身のことや、相談所への想いを語ってくださる軽妙なトークに引き込まれ、あっという間に数時間が経っていました。実際のカウンセリングでもざっくばらんにお話するという神津さん。結婚相談所のカウンセリングって、もっと堅苦しいものかと思っていましたが、どうやらプラチナマリアージュは違うよう。まるで頼れるお姉さんのような神津さんの包容力に、取材陣はただただ感心するばかりでした。

イメージ画像

ページの先頭へ